トゥルニエを読む! ―キリスト教的人間理解の新たな視点を求めて 工藤信夫[著]
5d071ef6054c246863ddf4b8

トゥルニエを読む! ―キリスト教的人間理解の新たな視点を求めて 工藤信夫[著]

¥1,650 税込

送料についてはこちら

「もっと冒険せよ!」とあなたの神は叫んでいる。   神は最高度に冒険精神を持ったお方。人生とはその神の冒険に人が共に参与することに他ならない。大いなる 反抗、大いなる失敗、大いなる回り道こそ「冒険の道」。ビクビク、オドオド、ヘトヘトなクリスチャンライフか らの解放宣言を、今再びトゥルニエに学びたい。 著者略歴: 1945 年、秋田県生。弘前大学、大阪大学において精神医学を学ぶ。淀川キリスト教病院精神科医長、ルーテル学院大学福祉 学科教授を経て、現在、平安女学院大学名誉教授。医学博士。 著書:『人を知り人を生かす ― クリスチャンの使命』(1981)、『こころの風景 ― 変わらないもの・見えないものを求めて』、 『援助者とカウンセリング』(1992)、『こころの光を求めて』(1994)、『人生の秋を生きる』(2008)、『真実の福音を求めて ― 信仰による人間疎外その後』(以上いのちのことば社、2015)、『ほんとうの生きかたを求めて』(しののめ出版、2005)、『トゥ ルニエを読む』(あめんどう、2004)、『暴力と人間 ― トゥルニエとグリューンを読む!』(ヨベル、2018)他多数。 訳書:H・ナウエン『待ち望むということ』(1998)、『わが家への道 ― 実を結ぶ歩みのために』(以上あめんどう、2005)他。 医学博士・平安女学院大学名誉教授 工藤信夫[著] はじめに 第一部 トゥルニエと私たち 1章 トゥルニエが今日の私たちに語りかけるもの―今日のキリスト者への警鐘 1 信仰の抽象化・単純化の持つ危機 2 「冒険」という広がりを持たない宗教 3 キリスト教に対する悲しい誤解 4 近代合理主義がもたらしたもの 2章 トゥルニエによる人生の回復―生き方を整え、生を深める 1 人間性の回復 2 人生に対する肯定的姿勢 3 冒険好きな神という発見 第二部 トゥルニエを読む 3章 『人生の四季』―人間の発展とその成長・成熟 1 本書の要旨 2 「 読む会」のレポートと共に 3 キリスト教は人間を抑圧するものか、解放するものか 4章 『 結婚の障害』―相違の持つ力 1 本書の要旨 2 「読む会」のレポートと共に 5章 『 生の冒険』―神は最高度に冒険精神を持ったお方である 1 本書の要旨 2 「読む会」のレポートと共に 3 瞑想について 4 生の全体的意味の発見に向けて 付記「トゥルニエを読む会」について あとがき トゥルニエ著作・邦訳書一覧、参考文献