宮村武夫著作 3 真実の神、公同礼拝 コリント人への手紙 第一「注解」
5cafedcd4da85276accd4dfe

宮村武夫著作 3 真実の神、公同礼拝 コリント人への手紙 第一「注解」

¥1,980 税込

送料についてはこちら

4月25日刊行予定 宮村武夫著作 全8巻 宮村武夫著作 3 真実の神、公同礼拝 コリント人への手紙 第一「注解」 編集委員長:永田竹司, 賛同人会長:廣瀬 薫 四六判上製・340 頁・定価1,800 円+ 税 ISBN978-4-946565-52-6 C0316 聖書注解とは―その根本的性格と目的を巡って― 市川康則先生(日本キリスト改革派千城台教会牧師)   本巻はコリント第一書簡の注解書ですが、『新聖書注解 新約2』に著者が執筆された同書簡の注解を基に補訂さ れたものであります。今さらながら、著者の丹念な聖書読解術・読解力に、堅固さと柔軟さ・温かさとを感じさせら れます。……(略)  「注解」は「講解」とどう違うか。それは「説教」とどう関わるか。人によって用語法が異なる と思いますが、私見では(相対的な違いに過ぎませんが)「注解」は、聖書本文自体に肉迫し、その文脈上の意味―最初 の読者に対する著者の直接的意味―を割り出す作業です。「釈義」と言われる作業と実質的に同じです。しかし、その釈義も単純な作業ではありません。当該聖書箇所の、その直接の文脈における言語上の意味の特定、その時代背景と歴史的制約の中での含蓄への照射、教会の信仰告白としての聖書教理体系との整合性における意義の獲得など、その作業は大変重層的です。……(略)  本書は基本的に注解書でありつつ、同時に説教=牧会の性格ないし要素も併せ持っています。読者の皆様と共に、本書によって―使徒パウロの言葉を用いた―キリストの福音を聴き、霊的に豊かに養われたいと願っています。(「巻頭言」より) *好評既刊ご案内* ❶愛の業としての説教(324 頁) 本体1,800 円  *在庫僅少 巻頭言:赤江弘之師、エッセイ:水草修治師 ❷礼拝に生きる民 説教 申命記  (256 頁) 本体1,800 円  *在庫僅少   巻頭言:清水武夫師、エッセイ:細田 浩師 ❸コリント人への手紙 第一(300 頁)本体1,800 円   巻頭言:市川康則師、エッセイ:佐藤全弘師 ❹福音の力と事実  テサロニケ人への手紙第一・第二、ガラテヤ人への手紙、ペテロの手紙第一 (328 頁) 本体1,800 円  巻頭言:池永倫明師、エッセイ:関野祐二師 ❺神から人へ・人から神へ 「 聖書・神学」考( 368頁)本体2,800円   巻頭言:松永好明師、エッセイ:永田竹司師 ❻主よ、汝の十字架をわれ恥ずまじ ドストエフスキーの神学的一考察(320 頁)  本体1,800 円   巻頭言:新井 明師、エッセイ:大和昌平師 ❼存在の喜び 宮村武夫著作の源泉・「もみの木幼児園の十年」(336 頁)本体1,800 円    *在庫僅少 巻頭言:湊 晶子師、エッセイ:林 桂司師、鮫島 茂師 ❽ヨハネに見る手紙牧会 ―― その深さ、広さ、豊かさ (324 頁)本体1,800 円   巻頭言:吉枝隆邦師、エッセイ:遠藤勝信師